本日、青梅商工会議所経由にて”NPO法人にしたま”様よりご寄付いただいたマスク20枚を頂戴致しました。

マスクは長期的に品薄状態となっている中、店舗では必須アイテムなので大変有難く、心より感謝申し上げます。

 

以下、添付されていたお手紙を掲載させていただきます。

 

***********************************

西多摩で飲食店を営んでいる皆様へ

西多摩には輝く宝(事業者/団体/観光地etc)がたくさんあります。その宝をつなげて線にして、線と線を重ね合わせて面にして発信したい。その思いを実現するために、今年2月、『NPO法人にしたま』は発足しました。

しかし、発足と同時に、世界はコロナウィルスに見舞われました。コロナに沈んで行く世界、日本、東京、そして西多摩。われわれに何ができるのか?NPOにしたまの目的は、経済を中心とした地域活性化です。ならば、外出自粛でダメージを受けている飲食業を応援するべきではないか、そしてメンバーからの情報で得た”エール飯”を広げることにしました。”エール飯”とは、テイクアウトや出前の食材を、お店の名前と同時にその地域、西多摩であれば『#西多摩エール飯』と#をつけてSNSで拡散する活動です。

そして、この度、NPOにしたま理事である新日本学院のビ・リー理事長からご寄付いただいたマスクを、その飲食業の方々に活用いただければと、配布を商工会議所にお願いいたしました。その申し出を快くお受けいただいた商工会議所のみなさまに感謝するとともに、このマスクが、飲食店のみなさまの事業の一助になれば幸いです。尚、これからの季節、衛生管理には十分ご配慮いただき、ご商売がより発展されることをご祈念申し上げます。

2020年4月 NPO法人 にしたま

***********************************

転載終了

 

ありがとうございました。

 

お勧めの記事